スポンサードリンク

パウスカートとフラ(フラダンス)

 パウスカートは主にフラフラダンス)の練習用として使われる関係上、パウスカートとフラ(フラダンス)には密接な関係があります。

 例えば、

 パウスカートは、足からはいたらいけなく頭からはかなければなりません。その理由は、フラ(フラダンス)が神へ捧げる踊りなので、フラ(フラダンス)を踊ることに対して敬意を払っているからです。

 パウスカートは、『腰』ではくようになっています。これもフラ(フラダンス)のステップが腰の動きに重要なポイントがあるからです。ギャザーがたっぷり入ったパウスカートを腰ではくことにより、腰の動きが強調されることになります。


 パウスカートに密接に関係のあるフラ(フラダンス)について少し解説します。

・フラダンスのフラ(hula)は、ハワイ語で”ダンス”を意味するため、「フラダンス」と言うと”ダンスダンス”と言っていることになります。正式には「フラ」と言うべきです(フラダンスの先生がそう言っていましたが、フラダンスの方が一般的なので、この「パウスカート」サイトでは、「フラダンス」も使います)。

・フラ(フラダンス)で思い浮かべる踊りとして、太鼓のリズムに合わせて、手や腰を激しく振る踊りをイメージしませんか?でもあれは、「タムレダンス」と言い、フラ(フラダンス)の起源といわれているタヒチの民族舞踊です。

・ハワイには多くの神々の物語があります。元々フラ(フラダンス)は、神々の踊りであり、人々はペレやヒイアカの舞う姿を見て、それを真似るようになになり、フラのスタイルへと発展したようです。